正義

こころ

わたしは「正義感の強い」女の子だった。だから余計、孤独になった。

私は中学生の時、いじめにあった。 いじめられててもさ、それなりに話したり、仲良くできる子たちも少ないけどいたんだよね。 だから、本当にボッチになることはなかった。 浮いてはいたけど。(笑) だけど、いじめっ子って、ターゲットがどういうことされたら精神的に追い詰められるのか本当によくわかってるよね。 私と仲良くする子たちに「あの子と友達なの?」って、聞いて回るようになったんだ。 そんなこと、私は知らなかったんだけど、仲良くしてた子の一人が「しのさんと友達なの?って聞かれたよ」って、わざわざ報告しに来たの。 「私、友達じゃないよって言っちゃった」とも、報告してきた。
こころ

自分の常識は非常識?人生を生きにくくしているのは、結局自分。

私は日ごろから、自分の考える常識=自分の正義という定義で発言をしています。 だって、自分が正しい、と判断し、それを当たり前に行っている状態が「常識」なのです。 豆知識として、「常識」という言葉は明治時代にできたそうですよ! つまり、それ以前はそういった概念は無かったんですね。 何が言いたいかっていうとですね、あなたの常識は、隣の非常識になりうるということです。私は解ってもらえなくて苦しかった、でも友人だって、理解してもらえなくて苦しかったはずです。 自分の正義を押し付けるということは、自分も、他人も苦しめる結果になるのです。
タイトルとURLをコピーしました