早く死にたいあなたに試してもらいたい、元気が出る3つの方法。

こころ




「できるだけ、早く死にたい」

もしかしたら、あなたは日常的にそう考えているかもしれません。

 

だからといって、自殺したいとか、そういうわけではないですよね。

できることなら、毎日を元気いっぱいで過ごしたい。

作り笑いをせずに、本当に笑っていたい。

 

そう考えているのではないでしょうか。

 

実は、生きるエネルギーは、自分で作り出すことができます。

今からお伝えする元気を出す方法は、脳科学的に証明されたものです。

エビデンスがしっかりしているので、マイナスの方向へ気持ちが沈んでいるあなたも、飲み込みやすいのではないでしょうか。

 

生活に取り入れていくことで、作り笑いのない、本当の笑顔で毎日を過ごすことができるようになりますよ。

 

生きにくい世の中だからこそ、自分で元気になろう

本当に、本当に世の中生きにくいですよね。

生涯賃金は下がる一方だし、女性の働きやすさは、まだまだ改善されていないし…

それなのに、女性も働こう!共働きで結婚しよう!でも、家事と育児もお願いね!

そんな無理ゲーなことを女性にばっかり押し付けてくる社会、それは生きづらいですよ。

 

そんな世の中だからこそ、他人から元気をもらうのではなく、自分で元気を作り出せたらいいですよね。

もう、あなた以外のみんなも、疲れ切ってる。
元気を分けてあげれないんですよ。

自分自身の力で、元気を取り戻しましょう!
脳科学に基づいて行動すれば、それは可能なんですから。

早く死にたくなくなるための元気が出る方法3つ

早く死にたいだなんて、本当なら一瞬だって思いたくはないですよね。

でも、大丈夫。

今からご紹介する方法を実践していただくと、あなたの元気を取り戻すことができるでしょう。

 

❶楽しくなくても、思いっきり笑おう!

「あっはっはっは!」

なんて、最後に盛大に笑ったのはいつの頃でしょう。

思い出せないくらい昔なら、今すぐ笑いだしてください。

今、ここで!

 

ポイントは、口角を上げるだけの笑顔ではなく、しっかり口を開けて笑うことです。

 

人間の脳は、笑顔=楽しいというようにインプットされています。

なので、「卵が先か、鶏が先か」の理論と同じで、脳にはどちらが先だとしても区別がつきません。

楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しくなってくるのです。

 

❷楽しい動きをすると、楽しくなってくる

子どもたちを見てみてください。

毎日のように、摩訶不思議な動きを楽しそうにしています。

変な動きだったり、ダンスらしき動きをしてみたり、とても楽しそうですよね。

実は、それはとても理にかなっているのです。

 

エルサレムヘブライ大学が発表した論文によると、身体の中でもより主導権が強いのは頭部より下、手足であると発表しています。

 

つまり、表情よりも身体の動きによる心への影響はさらに強いと言う事です。

 

全力でジャンプしてみたり、最近流行の DA PUMPのいいねダンスも効果的な元気の出る動きですよ!

 

❸逆境も「逆に楽しんでみる」

人生は長いようで短くて、やっぱり長い。

だから、やっぱりつらいこと、悲しいこと、多少なりともありますよね。

 

「今日の会社の会議、でたくないな」

「この人、苦手だから一緒にいたくないな」

 

そんな風に考えてしまう事だって、ありますよね。

 

そういう時は、「逆に楽しい!」そう、考えてみてください。

その時のポイントは、役になりきることです。

 

会議が億劫なら、今日のあなたは素敵なキャリアウーマンの設定で生きましょう!

キャリアウーマンなら、少し早く出社して会議の準備をするかな?

キャリアウーマンのイメージはパンツスーツかな?

そんな風に想像して、役になりきるのです!

 

脳は怠け者だから、やらない限り、やろうとしないのです。

ですが、役になりきり、逆に楽しい!と思いながら行動に移すと、どんどんやる気が出てきます。

 

どうせ死にたいんだから、取り敢えずやってみると良い

今、あなたは死にたいと考えています。

でも、自殺がしたいわけではないですよね。

本当は、楽しくいきたい。

そう考えているんですよね。

 

それなら、騙されたと思ってやってみてください。

例え騙されていたとしても、あなたになんのデメリットもないのです。

 

とにかく行動しよう。

 

死にたくなる、最大の理由は、なんの行動も起こしてないことにあるのです。

 

さいごに

私もよく、早く死にたいな、と考えてしまいます。

仕事があって、大好きな彼と結婚できて、大好きな家族がいて…

普通に、幸せでも、そう思ってしまうのです。

 

死にたくても、幸せでも、平等に時間は過ぎますが、どうせなら可能な限り楽しい時間を過ごしたいですよね。

 

point❶とにかく、思いっきり笑おう

❷子供のように馬鹿な動きをしよう

❸逆に楽しいと、役になりきろう

 

楽しいの基準は、子供なんです。

童心に帰って、思いっきり動けば、元気を取り戻すことができますよ。

 

今日1日、「死にたい」を乗り越えたあなたへ、お疲れ様です。

 

 

あわせて読みたい ▶出来るだけ早く、死にたい君へ。




コメント