【書評】ホリエモン著書❝多動力❞を読んだ。自分の時間を生きること学んだ。

ビジネスハック

こんにちは

多読ブロガーしのさんです(´▽`*)

ご存知の通り、私は本が大好きです。

堀江貴文さんのファンでもあるため、彼のほとんどの著書は読んでます!

その中でも、未だにネットで話題になる「多動力 (NewsPicks Book)」という著書の学びをシェアしたいと思います!

 




自分が持っているものに、執着するな。

 

 

by カエレバ

 

ホリエモンの著書の中でも、上位にランキングするくらい好きな本です。

この本で、いちばん印象的だったの言葉がこれです。

「自分が持っているものを生かそうとすると、あなたの動きは遅くなる」

私は、この言葉にギクッっとしました。

思い当たることだらけだったからです。

おそらく、そう感じる人が多いのではないでしょうか?

 

自分が持ってるものってなんだろう?

すぐに出せるものは資格とか、学歴とかになる人が多いですね。

私で言うなら看護師の資格ですね。

それを活かす、一番の方法は病院に勤めること。

でもそれは、私のやりたいことじゃなかったんです。

自分のやりたい事ではないと自覚していも、人は自分が持っているものに価値を置きすぎる傾向にあります。

 

 

私が持っているものの一つは、看護師の資格だ

 

例えば、私で言うなら看護師の資格を持っています。

ほしい人は、すごく魅力的に見えるかもしれませんが、100万人以上が持っているありふれた資格です。

ありふれた、珍しくもないものと分かっていても、自分が持っているものだから、それを活用して仕事をしなきゃ!なんて、考えてました。

 

出来る限り大きな病院に就職して、認定看護師取って…

起業はしたいから、ある程度経験積んだら看護師の資格で訪問看護ステーションを作ろう…

などと考えていました。

 

でも私、正直、看護師の仕事はそんなに好きではありません。

まあ、好きではないこともやってみなきゃ発見できないからですね。

資格取って、いい経験しました。

 

つまり、自分が持ってるものありきで未来の方向性を決めると、身動きが取れなくなるのだ。

 

 

自分の人生、やりたいことを基準に考えよう。

じゃないと、いやいや働くことになりますよ。

 

仕事って、1日8時間労働としても、一日の1/3を占めるのですよ。

通勤、残業を考えたら一日の1/2っていう人も多いのでは?

とても大きな時間ですよ。

それを一生、「やりたくない」「早く帰りたい」なんて思いながら過ごすの?

無理ゲーじゃない?

 

関連記事▶一日は24時間。人生なんてあっと言う間に過ぎていく。

 

持ってるものありきで考えてはいけません。

自分が一生懸命になれることありきで考えれなければ、ただ休みの日を楽しみに生きることになる。

1週間はあっという間に過ぎていき、他人に自分の時間を奪われるだけだ。

わずかな給与を対価にして。

 

あなたの時間は、あなたのもの。

当たり前ですが、時間は有限なのです。

優先順位を決めて生きていかないと、あっという間に骸骨だ!

人間は生まれた瞬間から、死へと向かって生きています。

期間はどうあれ、その事実は変えられません。

 

でも、無理に何かをやり遂げる必要はないです。

好きな人だけがやって行けばいいんです。

ただゴロゴロすることが好きな人もいるでしょう。

バリバリ働いて年収1億円を目指す人もいるでしょう。

 

やりたいことを、とことんやろう。

それを実行できる人が、自分の時間を生きていると言うことになるのだ。

自分が持っているものに、縛られてはいけない。

 

コメント

  1. […] 関連記事▶ホリエモン著書❝多動力❞を読んだ。自分の時間を生きることを学んだ。 […]

  2. […] 関連記事▶【書評】ホリエモン著書❝多動力❞を読んだ。自分の時間を生きること学んだ。 […]

  3. […] おすすめ記事▶【書評】ホリエモン著書❝多動力❞を読んだ。自分の時間を生きること学んだ。 […]

タイトルとURLをコピーしました