世界で一番大嫌いで、大好きな自分の話。

考え方

こんにちは

自分大好きブロガーしのさんです(´▽`*)

 

そんな私、自分のことが大嫌いです。

そんなところも含めて、自分のことが大好きです

 

とにかく、自分を可愛がることに一生懸命な私ですが、周りの人間をみると、割と自分のことを虐めまくってるように思えて仕方がないのです。

 




私はコンプレックスの塊である

よく本で、コンプレックスの克服方法とかありますよね。

 

私は、自分のコンプレックスを克服したいなんて思ってません。

 

そんな私は自分の嫌いなところがたくさんあるのです。

もう、コンプレックスの塊ですよ!

仕事は要領よくできないし、友達の数は片手で足りるし、鼻は低いし、エンジェルリップじゃないし(赤ちゃんみたいに口角上がってる唇の事)、コミュ障だし、他人の価値観がよくわからんし…

すぐに慌てる性格もコンプレックス。

看護師として完全にアウトです。

あと、朝起きれないところとか、やる気が起きないとき微動だにしないところとか、興味がないところは物覚えが究極に悪いところとか、どこに行っても大体浮いてるところとか(今の職場でも浮いた存在よ!)…

本当にいっぱい(笑)

一応、正社員で働いてはいるけど、完全に社会不適合者ですよ~。

 

昔はね、こういうダメなところを直したいって、思ってたんですよ。

でも、治らなかった(笑)

そしたら、受け入れるだけなんですよね。

そんな私でもいいじゃんって。

 

無理して自分のコンプレックスを直そうとするから、みんな苦しくなるんですよ。

コンプレックス克服の努力なんて、完全に自分虐めです。

 

by カエレバ

 

斎藤一人さんの本を読んでください。

本当に、心が救われますよ!

できないところは、出来なくていいところ。

他人から助けてもらって、ありがとうって言えるための神様からのプレゼント。

他人に助けてもらえばいい。

自分ができることで、他人を助けたらいい。

そういうことが書いてあります。

 



世界で一番大事な自分を精一杯可愛がろう

「何のために生きてるの?」

 

この質問の答えは「自分のため」以外にないでしょう。

家族でも、恋人でも、友人でも、ましてや会社のためではないのです。

 

すべては自分のためなのです。

そんなことを言うと、自己中心的なイメージになるかもしれません。

自己中上等です。

 

そもそも、何故自己中心的なことが悪いこととされているのでしょうか?

人間とは、もともと自己中です。

子供を見てたら分かりますよね。

突然暴れだしたり、友達のおもちゃ取っちゃったり、周りを巻き込みながら喧嘩しちゃったり…

とても、自分の欲求に正直です。

 

大人も、それでいいと思うのですよ。

もちろん、突然暴れだせ、と言ってるわけじゃないですよ!(笑)

「なにそれ、怖い」ってなります。

 

つまり、自分の欲求に素直でいいということです。

それが、自分を可愛がる方法なのです。

 

慣れてしまえば、自分の欲求に従うことは難しくない

でも、自分の欲求に従うことが難しい人が多いですよね。

特に、自分を押し殺してきた人は…

 

小さなことからでいいので、自分の欲求に一つでも従ってあげることから始めてください。

私の小さな欲求

・私はどんなに寝坊しても、寝起きの5~15分間は旦那に抱き着いて幸せな時間を過ごしたい。
・どうしても電車通勤したくないときはタクシー使う。(平均週2回その他2回は旦那が職場へ送る(笑))
・喋りたくないときは話さない。
・読みたい本は、値段関係なくじゃんじゃん買う。
・朝でも昼でも深夜でも、読みたいときに読書する。
・やりたいことやってたら、多少寝不足でも何とかなる。
・やりたいことやってたら、お金なんてまさに何とかなる!

 

人間の悩みのすべては❝対人関係❞。

つまり、「他人の目」なんです。

そんなくそほども役に立たないものを気にしなくなったら、自分の欲求に素直になれるようになった。

もっと、もっと、自分のことを好きになれた。

 

大嫌いで大好きな自分をもっと愛してあげてね

誰にだって、大小の差はあれど、コンプレックスはあると思います。

 

コンプレックスごと、愛してあげてください。

だって、世界で一番大切な自分なんだから。

 

コメント