私はずっと自由に生きたかった。だから、自由について真剣に考えてみた。

自由

こんにちは

しのさんです(*´ω`)

 

あなたは自由に生きていますか?

そもそも、自由とはなんだろう。

 

私は、ずっと自由になりたいと思っていました。

母や友人からは、「あんたは自由に生きてるよね」と、言われるのですが…

自分が全然自由と感じていなかったのです。

 

自由とは何だろう

 

ネット辞書でお馴染み、コトバンクでは下記のように説明しています。

デジタル大辞泉の解説
じ‐ゆう〔‐イウ〕【自由】

[名・形動]
1 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。「自由な時間をもつ」「車を自由にあやつる」「自由の身」
2 勝手気ままなこと。わがまま。
3 《freedom》哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。
4 法律の範囲内で許容される随意の行為。

 




 

確かに、どれも自由であると思います。

ただ、上記のような自由を得るためには以下のことが必要だと、ずっと思ってました。

 

  1. 経済的な自由
  2. 精神的な自由
  3. 社会的な自由

 

これらが三角形でバランスがいい状態が、完璧な自由だと考えます。

 

自由に生きるために必要なこと

自由に生きるには、3つの自由のバランスを整える必要があります。

 

point
①経済的な自由
②精神的な自由
③社会的な自由

 

経済的自由とは

自由になるために一番必要なのは❝経済的自由❞だと、思っています。

だってさ、お金だけでは幸せにはなれないけれど

お金がもたらす自由と幸福度は大きいと思うのですよ。

綺麗ごと抜きでいうとさ。

 

なので、真っ先にこの自由を得る努力をする必要があります。

 

精神的自由とは

お金だけに憑りつかれると、お金に縛られることになると思うんですよ。

それって、お金に支配されていて結局は自由ではない。

自由とは、何かに拘束されてはいけないのです。

それがお金であっても。

心の問題だから、すぐに「私は、自由である」と考え方を変えることもできます。

そうすると、心の自由度はグッと上がりますよね。

でも、経済面や社会面が不自由だと、すぐに引き戻されてしまいます。

精神面で自由になることは、実は一番難しいことかもしれません。

 

社会的自由とは

これは、仕事や家庭の自由ですね。

これを考え出すと、間違いなくサラリーマンでは自由になれない

精神面だけ、心だけを自由にするという方法もあるけど

経済面、精神面、社会面はすべて表裏一体でつながってるのですよ。

だから、他が自由でないと結局どこかでほつれが出てくる。

 

ちなみに、ここで断っておきたいことは「自由=幸福ということではない」と、いうことです。

だって、そうなると五体不満足な方は身体的自由度が低いということだけで、幸せでないということになってしまいます。

もちろん、そのせいで幸福度は下がっていると考えている方もいらっしゃるとは思いますが…

充分幸せと考えている方もいるんですよね。

ほら、乙武洋匡さんとか!

不倫問題で大変そうですが、一緒に夫の不倫を誤ってくれる素敵な奥様です。

そんな方がいるのですから、幸せでしょう。

社会的にも成功していましたしね!

 

 

私は、この3つの自由を手にする

そう、思いながら現在活動を続けています。

このブログも、自由になる活動の一環です。

私の目標は、自由になること。

それを、このブログでお見せすることができたら、

もっと、もっと、自由な人の輪ができてQOL(人生の質)も上がるはずです。

 

一度きりの人生ですよ、好きに遊びましょう。

 

コメント