変とはなんぞや?変わっててもいいじゃん!

こころ

こんにちは

しのさんです(*´ω`)

 

皆さんの周囲に変わった人っていますか?

それともあなた自身が「変わってる」なんて、言われてますか?

 

今日は、その変わってるとはなんぞや?をテーマにしてみました!

 

そもそも変とは何ぞや?

コトバンクで「変」の意味を調べてみると、以下のように書いてありました。

デジタル大辞泉の解説
へん【変】

[名]
1 事態が移り変わること。変化すること。
「不意に風雨の―に出逢うことも」〈鉄腸・雪中梅〉
2 急に異常な事態の起こること。また、その事態。「承久(じょうきゅう)の変」「万一の変に備える」
3 音楽で、本来の音より半音低いことを示す語。フラット。⇔嬰(えい)。
[形動][文][ナリ]
1 普通と違っているさま。ようすがおかしいさま。「変な服装」「車の調子が変だ」
2 思いがけないさま。「事件は変な方向に発展した」

つまり、一般的でないということですね。

でもさ、よくよく考えてみるとさ

 

しの さん
一般的な人って一体なんぞや?

ってなりますよね。

 

一般的=普通ととらえて考えてみます。

 

私の28年間の人生の中でも、いわゆる「普通」と太鼓判を押せる人のほうが少ない気がします。

ちなみにコトバンクでは一般的を下記のように説明しています。

一般的 イッパンテキ
デジタル大辞泉の解説
いっぱん‐てき【一般的】

[形動]特殊な事物・場合についてでなく、広く認められ行き渡っているさま。普遍的。「一般的な考え方」

 

 

一般的のとらえ方って、個別性があるし、あいまいですよね。

他と違わない、相違がないことのほうが珍しくない?

って、思うんですよ。

つもり、ほとんどの人が一般的でないということです。

と、いうかほとんどの人が「自分は個性的」と思ってるし、実際そうなんだと思うのですよ。

 




 

みんな、自分が特別だと思っている

私は幼少期、ずっと周囲に「しのさんって、なんか変わってる」と、言われ続けて育ちました。

だからわたしは、「そっか、私は変なのか」と、思いながら生きてきました。

さすがに大人になってからは露骨に「お前は変だ!」なんて言ってくる人はいなくなりましたがね。

 

しの さん
私の主人くらいですよ。ほんとに変な奴です

 

思春期はいじめられた経験もあり、

「よくわからんけど私が変だからいじめられるのか?普通になりたい!!」

とか、よくわかんないことを考えてたりもしました(笑)

わたしは、とにかく普通になりたかったのに、どうも周囲の子たちは「変」に憧れているようにも思えました。

 

 

 

みんな特別でありたい。だから、他人より変わっていたい。

「私たちキャラ濃いよね!」

とか

「うちら変わってるよね(笑)」

とか、自分が個性的であることを主張するために

周囲を巻き込んでいる方々を

Twitterなどで、ちらほらお見掛けします。

 

変=個性的=特別

上記のような方程式が特に思春期の頃はあったのでしょうね。

みんな自分が特別でありたいと、願望を持っている。

思春期は特別願望のビッグバンが、いたるところで起きてます。

 

しかし、一番最初にお伝えしたように、一般的であるほうが珍しく、難しいと考えられます。

つまり、変ということは特別でも何でもないのです。

 

むしろ、変なほうがいたって普通です。

みんなガンガン、変に生きよう。

 

変人のススメ

 

by カエレバ

 

変で、凄いひとナンバーワンの斎藤一人さんの著書です。

本当に変です(笑)

 

でも、すごく優しい文章なんですよね。

変で、向上心のある人におススメです!

コメント

  1. […] 変とはなんぞや?変わっててもいいじゃん! […]

  2. […] おすすめ記事▶変とはなんぞや?変わっててもいいじゃん! […]

  3. […] 関連記事▶変とはなんぞや?変わっててもいいじゃん! […]

タイトルとURLをコピーしました